キッチンリフォーム

キッチンは料理を美味しく楽しく作るための場所、そして一日のうちの長い時間を過ごす場所でもあるので、快適な環境にしたいものです。
間取りやライフスタイル、調理中のことなどをイメージし、ご自分の生活にあわせてキッチンをつくることがとても大事です。

キッチンのスタイル

キッチンは、家族のコミュニケーションスペースとしての機能も持っています。理想のキッチンづくりには、家族のライフスタイルを反映させた、自由な発想が不可欠。キッチンとダイニング、リビングなど他の部屋とのつながりを考えることで、わが家流のキッチンスタイルが見えてきます。
キッチンのスタイル

キッチン空間のスタイルには主に、オープン型、セミオープン型、クローズ型などがあります。

●オープン型

リビングとダイニング、キッチンの区切りがないスタイル。
オープン型キッチン
メリット 作業動線が短いので、配膳、片付けがしやすい。調理中ダイニング側とのコミュニケーションが取れ、高齢者や幼児のいる家庭でも目が届く。
デメリット 仕切りがないので、調理中の臭いや煙が気になる。キッチン内部がみえるので、綺麗にしておく必要がある。


 

●セミオープン型

クローズ型とオープン型の中間型、両方の長所を生かした対面スタイル。
セミオープン型キッチン
メリット ダイニング側から作業中の手元が隠れる。調理中ダイニング側とのコミュニケーションが取れる。
デメリット 調理中の臭いがダイニングやリビングなどに回りやすい。


 

●クローズ型

他の部屋から完全に独立したスタイル。
クローズ型キッチン
メリット ダイニングからキッチンが見えず、煙や臭いを気にしなくてもよい。壁面が多いので収納が多く取れる。
デメリット 調理中に孤立して、コミュニケーションが取りにくい。ダイニングへの動線が長くなる。


キッチンのレイアウト

使い勝手のよいキッチンの条件に、作業の効率がよい=動線の短いキッチンであることがあげられます。つくる料理や人数によっても当然違ってきますから、「私の場合」をイメージしてみましょう。とくに、冷蔵庫・シンク・レンジを上手に配置することは、無駄な動作を少なくし快適なキッ チンをつくるポイント。調理スペースとは別に、配膳や盛りつけのための余裕のスペースも考えておきたいものです。
キッチンのレイアウト

Ⅰ型キッチン
・Ⅰ型キッチン

シンクや調理機器、調理台、キャビネットなどが横一列に並んだキッチン。省スペースで、最も一般的なキッチンの型です。
このため、このタイプは、奥行き、幅、色、価格帯共にとにかくバリエーションが豊富。また、収納の工夫やパーツが進化していて、選ぶ楽しさが広がります。


 

・Ⅱ型キッチン

コンロの列とシンクの列がII型に並んだキッチンです。Ⅰ型キッチンと比べると動線が短く狭い範囲で効率よく作業ができることがメリットで、パーツのレイアウト次第で自分に合ったキッチンができます。
リビング側にコンロを置くかシンクを置くか、また、独立キッチンにするか対面にするのかで、雰囲気も使い勝手もまったく違ってきます。

Ⅱ型キッチン


 

L型キッチン
・L型キッチン

Ⅰ型キッチンの次に一般的な形状です。規格品がある分、値段もそれほど高くありません。Ⅰ型よりも動きやすく機能的、身体の動きを90°変えるだけなので作業も楽です。キッチンの部屋面積はある程度必要になります。


 

・U型キッチン

シンク、冷蔵庫、加熱調理機器をU型に並べたキッチンです。U字の真ん中の部分は、90~120cm程度の適度な狭さの方が、動線を短縮できます。シンクの前にカウンターを据えてオープンにすると、家事をしながらでもコミュニケーションが図れます。

U型キッチン


 
※その他に、アイランド型キッチン、ペニンシュラ型キッチン、L型ペニンシュラキッチン等があります。

キッチン選びのポイント

 スムーズに移動できること

シンク、コンロ、冷蔵庫の3点を結ぶ動線をワークトライアングルと呼びます。この中をスムーズに行き来できることがポイントです。
また、食器や食材をしまう収納ユニット、ダイニングテーブルとの動線もスムーズになるように確認しておきたいところです。

 調理のしやすさ

調理のしやすさでポイントになるのは調理台の高さです。高すぎると肩こりがしますし、低すぎると腰に負担がかかります。
ラクに作業ができる調理台の高さは身長÷2+5cmが目安です。身長160cmの方であれば、80+5=85cmです。

 効率的で充分な収納スペース

料理で使う道具をしまう収納ですから、取り出しやすさと収納量は、キッチンの使いやすさと密接な関係にあります。
ご自分の収納したいもの、使い勝手をイメージして有効な収納を考えることが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>